(柄井川柳)「本降りになって出て行く雨やどり」(川柳選者)

株式投資で小さな損切りができず、含み損が膨らみ過ぎて、どうしようもなくなり投げてしまう例えで使われます。アンティークコインは損を細かく切っていく必要はありませんが、負けコイン、旬が過ぎたコインは存在し、可能性が絶たれているコインは早く損切りし、次のコインに乗り換えなければなりません。負けコインを持ち続けると、含み損を抱えているわけで、先の未来を見ることができなくなります。含み損に耐え忍ぶことが美学でありません。損切りこそ美学です。

当店ショップURL
https://shop.edgycoins.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA